ソワソワの4月 | あやっぺの日記vol.6

カテゴリー:あやっぺの日記, スタッフブログ, 
2015.04.15

こんにちは!あやっぺです☆

先日、息子と二人で福島へ行ってきました。

じぃじやばぁば、従姉妹たちや会いたい人に会えて楽しい数日間でした。

行きの飛行機の中から見えた富士山はキレイでしたよ☆

 

さて、4月に入り、先週は入学式・入園式だった所も多かったのではないでしょうか?

思い返せば一年前、私もドキドキしながら息子の入学式を迎えました。

一人で歩いて学校に行けるのだろうか・・・

授業中、ちゃんと座って先生のお話を聞けるのだろうか・・・

本当に色々と心配でした。

 

幼稚園は公立だったので園まで送り迎えをしていたし、そんな一人でどこかに行く(学校ですけど)なんて!と不安で不安で仕方なかったので、新1年生の母たちもきっと今、すごく不安で心配でソワソワしているんだろうなぁと思います。

 

私は不安だったので、最初の1週間は途中まで一緒に登校していました。

一緒に登校してから気付いたのですが、朝のあの時間帯はみんな登校しているんですよね。1年生も2年生も6年生も。なので、一人ってことはないんです。

確かに、ちょっと大きな道に出るまでは一人かもしれないけど、そこだけ見守っていればあとは誰かしらいるんです。地域の見守りの方も居てくださっています。

あ~そうか・・・そうだよね・・・って、ちょっとだけホッとしたのを覚えています。

帰りも心配だったけど、最初の頃は先生が付いて下さっているし、そのうちお友だちと一緒に帰ってくるようになったので大丈夫なんだな~と安心しました。とは言え、最近は帰り道で友だちと遊んでいるようになってきたので、あまりに帰りが遅いと心配になりますが。。。

 

授業中も、4月の授業参観では賑やかだったけど、2月の授業参観ではちゃんと席に着いて先生のお話を聞いている姿を見て、ちゃんと成長しているんだなぁと思いました。

 

だから大丈夫なんですよね。

幼稚園から小学校へ上がるって、本当に大丈夫?と色々心配や不安が出てきますが、大丈夫なんです。

子ども同士で仲良くなって、学校帰りによく遊んだりする子どもの親御さんと知り合う機会ってなかなか無くなるのはどうなのかな・・・って気になっていましたが、それだって、普段から息子によく遊ぶお友だちの名前を聞いておいて、参観の日に親御さんを見つけてご挨拶すれば良いこと。

 

子どもは子どもだけの世界が段々と広がっていきます。

親の目が届かない部分も増えてきます。

かつて自分がそうだったように、親に干渉されるのが嫌な時期もきます。

だからこそ、まだ目の届くうちに、ママ~!と来てくれるうちに、危ないこと、やってはいけないこと、こういうことされたらお友だちが悲しいこと・・・などをしっかり伝えていかなければいけないな、と改めて思いました。

 

ちなみに去年の入学式では、新2年生が群唱と校歌を披露してくれたのですが、そこには幼稚園時代を知っている子も居て、お~凄いな~!息子も一年後はこんな風になっているのかな?なんて思いながら見ていました。

 

そして今年は息子がその「新2年生」

新1年生に向けての群唱で、計算も出来るようになったよ~!と言う部分もあるのですが、その中で息子が「9ひく5は?」という部分を一人で言ってその後に全員で「4!」と答える所があったそうです。

凄~い!と思ったのも束の間、「練習で「9たす5は?」って言っちゃった~!」と言っていた息子に若干不安でしたが、本番は間違えず言えたそうでホッとしました。

 

ちなみに、「9たす5は?」と間違えて言った時、お友だちは「14!」とちゃんと答えてくれたそうです(笑)

そんなしっかり者の周りのお友だちに支えられながら、息子の新2年生としての1年がスタートしました☆

私も変わらずサポートしていきたいと思います!

 

IMG_0672

 

 

今年、ご入園・ご入学のみなさま、おめでとうございます!

子どもたちがキラキラ輝く1年でありますように☆

 


『スタッフブログ』の最新記事