About

代表ご挨拶

kamachan 釜井暁美(釜ちゃん)

1978年石川県かほく市生まれ

私、夫、息子(2009年7月生まれ)、娘(2013年8月生まれ)

職歴

石川県小松空港のグランドスタッフ、大阪の専門学校の広報、広告代理店での営業を経て、エアラインスクールの講師・営業・カウンセリングなど運営全般に関わる。

様々な職種・業界での経験を経て、「誰かの人生に関わること」、「誰かの背中を押すこと」、そしてそれによって「誰かに『ありがとう』と言ってもらえること」が自分にとって最高の喜びであると確信し、昔からの夢である英語教諭になることを再度目指すことを決意。 2008年結婚。2009年佛教大学の通信教育学部に入学し、英語教員免許取得を目指す。同年7月長男出産。2010年、息子が1歳3ヵ月の時に教育実習生として母校の中学校で教壇に立つ。2011年7月ガンが発覚。入院・手術、そして数か月間治療に専念。病気の影響で教員の夢を諦めざるを得なくなる。

病気になって初めて「生きていることは当たり前じゃない」ということに気づき、限りある人生、自分が本当にやりたいこと・やらなきゃいけないことをやろう!と決意する。4年間の専業主婦時代に、ずっと自分の頭の中にあったものを形にすべくスマイルママの前身である「ママ友会in大阪」をスタート。2014年6月株式会社スマイルママ設立。※「ママ友会in大阪」を始めるまでの詳しい経緯はこちら

スマイルママでの役割

•代表取締役
•自分の『「やりたい!」「知りたい!」「会いたい!」アンテナ』にひっかかること・人・もの全てにアプローチをかける
•世の中のママが、今よりもっと楽しく前向きに子育てに向き合えるきっかけとなるイベントやコンテンツを考える(というより妄想してスタッフに伝える)

•自分の熱い想いを、魂込めてFacebookやブログに書く。長くなっても、暑苦しくても、とにかく自分の考えていることや想いを外に発信する。これが私の一番重要な仕事。(だと思う。しかもそれを続けていると叶うことが多い。)

スマイルママへの想い

子どもはママの笑顔が一番好き!だから私たちママは笑っていなければ!

でも、子育てって楽しいことばかりじゃないですよね。本当は笑って楽しく子育てしたいのに、苦しいこと、悔しいこと、イライラすること、発狂すること、泣きたくなること、はたまた泣いてしまうこともたくさんあります。でもそれと同じくらい幸せなこと、嬉しいこと、胸がキュンとなること、感動することもたくさんあります。そんないろんな想いや感情がコロコロめまぐるしく変わって、時にはぐちゃぐちゃになって、毎日山あり谷ありで…私も含め、そんな風に子育てを頑張っている人ばかりだと思います。

スマイルママのイベントに参加したり、webサイトやFacebookを見たり、ラジオを聴いたり、何らかの形で私たちと関わってくれたママたちが、「さー、今日も頑張ろうかな!」と少しでも前向きな気持ちになってもらえたら嬉しいです。

世の中に「スマイル」いっぱいの「ママ」が増えますように…。それが私の一番の願いです。

ブログ:「釜ちゃんの日記」はこちら