2人の子どもとフィリピン・セブ島に親子留学してみた【アイランドホッピング&スコールの夜のイス取りゲーム編】|釜ちゃんが行く!vol.5

カテゴリー:釜ちゃんが行く!~Kama-chan meets world!, 
2018.04.08

こんばんは!スマイルママ代表・釜ちゃんです。

今日久しぶりにLINE@とメルマガを送信したのですが、たくさんの方が私の「セブ親子留学」の記事を読んでくださっててアクセスがすごいことに!

嬉しいなぁ。毎日自習室で書いた甲斐がありました。笑

さて、今日は「アイランドホッピング」の日でした。

聞き慣れない言葉かもしれませんが、ここフィリピンでは超有名なアクティビティ。

フィリピンはご存知の通り島国で、セブ島もしかり。で、セブ島の周りにもたくさんの島があるのですが、そこにシュノーケリングやランチをしに行くツアー。

1つの島の場合もあれば、2つの島、3つの島を巡るツアーもあります。

昔、宮古島でシュノーケリングをした時、めちゃくちゃ楽しくて、いつか子どもたちとやりたい!と思っていたので今回迷わずにチャレンジ。

しかーし。私、船が大の苦手で、飛行機も苦手なんですが、船の方がヤバめで…。パニック障害を持っていることもあり、船は私にとって本当に危険な乗り物。

でもやってみたい!子どもたちにも経験させてあげたい!その思いで今回申し込みました。

でも他の人がいるともしもパニックが出た時に迷惑をかけることになるので、ツアー会社に事情を説明して貸切にしてもらいました。

今回お世話になったのは「青空シーサイドマクタン」というところ。日本から問い合わせた時の対応がめちゃくちゃ親切で、ここだ!と決めました。

この日は朝からスコールがドカン!と降ったあと快晴だったのですが、風が、風が、風がぁぁぁ強すぎるんだよぉぉぉぉ。涙。

船が苦手な人にとってのこの風!厳しい…。

ドキドキしながら船着場へ。学校前までお迎えに来ていただきました!

桟橋から、なんというか、ボートじゃなくてただの浮いている四角い板?!みたいなものに3組の参加者が乗って、それぞれのボートに移動します。

揺れてますが、まだ耐えれる感じ。しかもこの板、人力で動かしているっていうね。ありがとうございます、、、。


そ、そしてついに自分たちの船に乗りました!なんとまぁでかい船!でかいから揺れも大きく感じる…。


この写真を撮っているときはもう、私、もうあかん感じです。笑


安定剤を飲んで、酔い止めも飲んで、それでももうあかん…ってなってたころ。


子どもたちは本当に楽しそうで、だから余計にどうしよう、、、ってなっていました。


めっちゃ大きなボート!私たちのために大きな船を用意してくださっているんだろうなぁと、感謝の気持ちでいっぱいに。

子どもたちもスタッフの人たちと船の先端で楽しそうにお話ししています。

私はもう怖すぎて後ろの方で顔面蒼白状態でした。

揺れが強いので、お気遣いいただきゆっくりと進んでいただいていたのですが、でもこのスピードで40分は私無理だ、、、と思って、スピードを上げていただくようお願いしたら、、、

なんと娘が次は「怖いー!」と泣き出す始末。おおおおおお。なんてことだ。

結局、本当は行くはずだった二つの島は諦めて、超近場のビーチの近くに船を止めていただくことに。

船からシュノーケル開始!のはずが、娘が海に入ろうとしたときたまたまモーターボート?ジェットスキー?みたいな船が近くをがっつり通ってしまったのでこれまた大きな波が来てしまい、娘がもうあかん!ってくらい怖がってしまい、結局私から全く離れられずに私も娘もシュノーケリングできずに終了、、、

一方息子は、スタッフの方とガシガシと泳いでシュノーケルを楽しんでいました。息子にとって初のシュノーケル。楽しんでもらえてよかった!


娘はもうあかん感じです。私から一切離れずに「もう帰る!もう帰る!船怖い!!怖い!!」と。わかる。わかるよその気持ち。私も怖いもん。


帰りの船で息子は船の先端へ。スタッフの方ががっつりと守ってくれるので安心です。

運転手さん、補助の人、そして子ども1人につきスタッフの人が1人ついてくださって、どんだけ至れり尽くせりなんだろうというくらいの船旅でした。

今回、青空シーサイドマクタンの代表・加藤さんがアテンドしてくださっていたので、私の体調を気にかけていただいたり、私のギブアップ宣言に臨機応変に対応してくださったりと、本当に大変お世話になりました。

もうきっと私はこの船には乗れないけれど、でも息子が生き生きとシュノーケリングを楽しんでいた様子を見れて本当に良かった!

そして娘も船が苦手ということがわかって良かった。

次は他の方法で娘にもシュノーケルを楽しんでもらえるようにしないとなー。


出発地点まで戻って来たら、娘もだいぶ落ち着いたのでこちらのビーチでシュノーケルをすることに。


スタッフの人が子ども1人につき1人しっかり付き添ってくださって、めちゃくちゃ安心。

娘のこの笑顔!あぁ、良かった!手に持っているのは「ふぐ」でございます!!!驚


いかついカニもいます。魚もいます。サクサクと捕まえて、子どもたちに見せてくださるスタッフの方々。優しいなぁ、、、


娘も全く怖がることなく、いろんな生き物を触りまくっていました。(私は無理です、、、)


ほんのちょっと沖にあるボートに座らせてもらったり、そこから飛び込んだり、2人ともめちゃくちゃ楽しそうでした。


一通り海で遊んだ後は、ご飯!本当はアイランドホッピングする島で食べる予定でしたが、島にたどり着けなかったので(涙)併設されているレストランで。

値段が、、、安い!こういうところって高いと思ってた!ありがたい、、、


スパゲッティとハンバーガーをオーダー。美味しかったですー!


こんな日本食メニューもあります。


デザートも!


バナナスプリットをオーダーしました!紫芋アイスが超美味しくて感激!子どもたちはジュース。私はスプライトを。(フィリピンでは基本水しか飲まないので、たまにはね。笑 私お酒飲めないので、、、)

その後は第2ラウンド。インフィニティプールで泳ぎました。

そしたら、アメリカかヨーロッパの観光客のお兄さんが、いいカメラで息子を撮ってくれてたようで、「見て見て!いいの撮れたよ」と見せに来てくれて、「メルアド教えてくれたらデータ送るよ!」って。

 



すごー!躍動感あふれる写真!ありがとうございますー!



こんな感じでたくさんのデータを送ってくださりました。すごいなぁ、優しいなぁ。





プールでの写真がなかったので、お兄さん、ありがとー!

そんなこんなで、私のパニックのせいで大幅に予定が狂いましたが臨機応変に快く対応していただき、本当に救われました。

他のグループの方々はアイランドホッピングをとても楽しんで帰ってこられてました!

こちらの青空シーサイドマクタンは、問い合わせのときからとても親切で優しく対応してくださり、また、当日もフィリピン人スタッフの方もとてもフレンドリーで優しくて、私の急なお願いにも代表の加藤さんはじめみなさんに快く対応していただき、心から感謝しています!!!

プールの後は学校まで送っていただき、車中で子どもたちは爆睡。疲れた様子。

そのあとは18時から夕飯。今日も美味しかったなぁ。。。

ご飯もそろそろ終わりっていう時にまたまた超激しいスコールが!!!

石川の冬を思い出すような大荒れの天気に、食堂の天井からも雨漏りが、、、笑

涼しい風が吹く中、みんなでご飯を食べて、食べ終えてもまだまだ豪雨。

寮に戻れずにみんな食堂で足止めをくらいました。

そしたら男子チームがいきなり「ダルマさんが転んだ」を始め、その次は椅子取りゲーム。

小学生か!笑


大の大人が遊ぶ姿、笑えました。いいもんですね。


うちの子どもたちも加えてもらい、椅子取りゲーム。みんな手加減してくださって、、、ありがとうございます。



この椅子取りゲーム、音楽は誰かが歌うっていうルール。ナウシカの曲とか、まじ面白かったです。あの悲しげなやつです。

それ?!みたいなね。笑

この後はもう一つゲームをみんなで輪になってやって、これもなかなか面白かったー!

スコールのおかげで楽しい時間を過ごせました。

しっかし今日はよく降る1日でした。

さぁ、荷造りもなんとかほぼ完了。

明日の20時ごろのフライトまで、さてどう過ごそうか。。。

12時には部屋を出ないといけないので、、、困ったなぁ。

プールに行くか、モールに行くか。また明日の朝子どもたちと相談です。

では!

(続く)

<前の記事>
2人の子どもとフィリピン・セブ島に親子留学してみた【学校の食堂編】


『』の最新記事