2人の子どもとフィリピン・セブ島に親子留学してみた【お出かけ編1】|釜ちゃんが行く!vol.5

カテゴリー:釜ちゃんが行く!~Kama-chan meets world!, 
2018.04.03

こんにちは!4歳娘と8歳息子と共に、フィリピン・セブ島に親子留学中の釜ちゃんです。

留学生活ももうすぐ折り返し地点。

ここまでの生活を少し振り返りますと…

月曜日
学校のオリエンテーションとクラス分けの試験
火曜日
授業スタート(4コマ)
水曜日
通常授業(4コマ)
木曜日〜日曜日
連休!!!

というわけで、授業は実質2日間だけでそのあとの4日間は連休だったわけです。

子どもたちが退屈しないように、お出かけしまくった4日間。

この4日間を一気に振り返ってみたいと思います。

—————–

まず最初の2日間は、午前のみ子どもたちからのリクエストにより追加授業を2コマ受けました。(追加料金は1人1コマ約600円)


なのでフリータイムが午後から。

だから朝からどっかにがっつり遊びに行くことはできず…

木曜日はタクシーに乗ってモールへ。モールとは言ってもローカルの人も行くようなモールなので、日本のモールと全く雰囲気が違います。

あぁ、雰囲気が伝わるような写真を撮っておかなかったのが残念すぎる!

学校が終わってタクシーでモールへ。到着後すぐにランチを。

イタリアン的なファストフードのお店にて、ランチのセットをオーダー。


ラザニア、ハワイアンピザ、ボテト、ドリンクがセットで約400円。



マクドや他のファストフード店もありましたが、子どもたちと一緒なので最初に見つけたお店に飛び込みました。

お腹が空いた子どもたちを連れてウロウロするのはとっても大変だからね。

その後はスーパーで水とおやつを購入。

現地スーパーって見てるだけで楽しいですよね。

でも子どもたちはウインドーショッピングよりも「買えてなんぼ」なので笑、おやつを大量購入しました。どぎつい色や味のものもいっぱいだけど、まぁ今だけってことで!

マンゴーも一つ買って持って帰ります。寮の食堂のお姉さんにお願いすれば、綺麗にカットしてくださるので。

その後、おもちゃ屋さんへ行って自分へのお土産を選んでもらいました。

息子は自分で組み立てるプラモ的なものを。日本になさそうなもの、かつ激安だったので2個。ジャイ子は粘土セットを。(これは日本にもありそうだけど、安かったのでまぁよしとするか。)

2人で合計3つ買って、確か1000円くらいだったような。(写真がなくてごめんなさいー!また載せます!)


夕飯までまだ時間があったので、有料のプレイスペースへ。1人30分200円くらい。1時間利用しました。



トランポリンがあったり、


自力で回すこんなのがあったり


プラスチックの丸い大粒の砂もどきの砂場があったり


同じ学校に通うママさんと息子くんと一緒に行ったので、子どもたちを預けている間、ママたち2人は交代でウインドーショッピングへ。(プレイスペースでは、必ず大人1人は子どもたちに付き添わないといけなかったので)


帰りのタクシーは3人とも爆睡!


ご飯まで時間があったので、学校のキッズルームをお借りして早速買って来たおもちゃで遊びます。

息子とお友達はプラモ的なヘリコプターを組み立てスタート!娘と私は粘土遊び。

ここに写ってる本やフラッシュカードやアルファベットのパズルなどは、このキッズスペースにあるものです。

そんなこんなで初日が終了!

金曜日のことを書く前に、お部屋のお掃除についてご紹介!

私たちが学校に行っている間、ほぼ毎日お掃除をしてくださる方がいます。

この日は祝日だったけど掃除に来てくださってたので、写真を撮らせていただきました!

レトロなほうきで、とっても綺麗に掃除をしてくださります。掃除の後は部屋がピカピカ!ありがたいです、、、


では金曜日(祝日2日目)のお話を。

午前の授業が終わってランチを食べたら、ジプニーで一番近くのスーパーへアイスを買いに。祝日なので学校の売店が開いてなくて、、、


フィリピンのお店(本当のローカルな人が行くようなスーパーよりはちょっとだけ上のランク?のお店)には、ほぼ必ず入り口に警備員さんが立っていて、お店の入り口でカバンの中をチェックされます。

このスーパーもそうでした。

普通のアイスの種類がびっくりするくらい少なくて、ファミリーサイズの大きなのはあるのですが1人で食べるようなアイスが2種類くらいしかなくて、、、


仕方なくシェイク的なものを買って帰りました。美味!イチゴ味のシェイクにタピオカとオレオが入っています。美味しいのだけど、目の前で作られて行く様子を見ると、おおお!となりました。(粉と氷を使うので、、、アイスとかミルクを使うわけではないっていうね。インスタントっぽい感じ)

ジプニーでの移動も少しずつ慣れてきたところ。1人7ペソ=14円で好きなところから乗れて、好きなところで降りれるという自由度の高い相乗りバスです。

行き先を言って乗れば、その場所に着いたらちゃんと知らせて降ろしてくれます。ときには世話焼きなお客さんが「着いたでー!」と教えてくれることも。基本的にみーんなすごく親切!

寮に戻って着替えて、学校のプールにGO!(あ、写真がない、、、涙)

2時間くらいかな、学校のプールで子どもたちは遊びました。途中、ケンカもありながら、、、


夕飯は毎日18時から。バイキング形式で、とてもシンプルだけどすごく美味しい料理ばかり。日本食レストランで働いてたシェフが作ってくれるらしく、日本人の口に合う(子どもの口にももちろん合う)ご飯が提供されます。

私たちと同じ日に入学した関西のママさんと息子さん(1年生)が、1週間の留学期間を終えて次の日に帰国してしまうということで金曜の夜は最後の晩餐!

たった1週間だけど、子どもたちはすごくすごく仲良くなって、一緒に遊びまくった日々でした。

ママさんはめっちゃ美人でかっこよくて姉御肌で、ビビリな私と全然違って(笑)、私たちをいっぱい引っ張ってくれました。

このママさんのおかげでジプニーにも乗れるようになったし、タクシーを呼んで乗るっていうこともできるようになりました。

もう感謝しかない、、、この記事も読んでくれてるはず。(Yさーん!見てる?!笑 1週間本当にありがとうー!)


仲良し3人組。ときにはぶつかったりもしながら、でもとっても仲良く過ごしました。大切な思い出。


そして次の日。Yさん親子は日本へ。なんとも寂しい、、、2人を門のところまでお見送り。


門のところに24時間いてくださる警備員さんたちと最後のお別れ。

警備員さんたちは本当に親切で、優しくて、頼りになります!お出かけの時は、ジプニーをつかまえてくれて行き先を言ってくれたりと、本当にいつも優しくていつも気にかけてくださります。


警備員さんに撮ってもらったYさんファミリーとの最後の写真。ジャイ子はいつものように恥ずかしがって写真拒否!

私の親子留学はYさんファミリーなしではここまで充実しなかった!!!初めての場所で消極的になりがちな私を、グイグイと外に連れ出してくれて、いろんな場所に一緒に行ってくれました。

こういう親子留学仲間との出会いも、今回の大切な宝物。同じ関西に住んでいるから、次は日本で再会しましょうー!その日までしばしのお別れ!


タクシー到着。あぁ、寂しい!!!子どもたちもこの後、事あるごとに「あぁ、寂しいなぁ。●●●くんがいたらいいのになぁ」と言っていました。

さぁここからは本当に私たちファミリーだけの日々。Yさんのおかげでジプニーにも乗れるようになったし、タクシー配車アプリを使ってタクシーも呼べるようになったし、きっと大丈夫!頑張る!

Yさーん、本当にありがとう!出会えてよかった!!!

(続く)

<次の記事>
2人の子どもとフィリピン・セブ島に親子留学してみた【お出かけ編2・Jパークアイランド】

<前の記事>
2人の子どもとフィリピン・セブ島に親子留学してみた【留学スタート編】


『』の最新記事