2人の子どもとフィリピン・セブ島に親子留学してみた【出発当日編1・関空→香港】|釜ちゃんが行く!vol.5

カテゴリー:釜ちゃんが行く!~Kama-chan meets world!, 
2018.03.28

こんにちは!スマイルママ代表・釜ちゃんです。

本当は「準備編」の続きを書きたいのですが、また追い追い書くとして(笑)、すでにセブにいて授業も始まってしまっているので、日々のことをリアルタイムで更新していきたいと思います!

とはいえ、まずは出発した日のことからスタートしますね。

9時台の飛行機だったので、朝6時半に家を出発。日曜日で夫が休みだったので関空まで送ってもらいました。


ジャイ子(娘・4歳)は早速トランキーで爆走。なかなか楽しそうでよかった!


出発前に3人で写真を撮ってもらいました。見事にバラバラ。。。

その後両替を5000円分だけして、手荷物検査場へ。(空港で両替するよりも現地のレートのいい場所で両替する方がいいという情報を得たので、少額だけにしておきました。)

春休みということもあり、検査場は超超超長蛇の列!やばし!間に合うのか?!

昔台湾に行った時、搭乗時間を間違えていてドアクローズギリギリに名前をアナウンスされ、ゲートまで激走したことがありました。

今回もそうなるのか!?とヒヤヒヤしましたが、手荷物検査場をクリアしたら、出国審査はスムーズに終わってあっという間にゲートに。


それでもまだ長蛇の列だったので、近くのベンチで座って待ち、最後に乗り込みました。

大きなトランクはチェックイン時に預け、小さなトランク(水色)とジャイ子のトランキーと3人それぞれのリュックを機内持ち込みにしました。

水色トランク…全員分の着替え一式(ロストバゲッジに備えて)、充電器類、到着後すぐに必要となるであろう書類、大きなトランクに入りきらなかった荷物が入っています。

黄色のトランキー…子どもたちのぬいぐるみ、帰りの分のおやつ(軽いので)。

子どもたちのリュック…行きのおやつ(大量に)、タオル、ティッシュ、ヘッドホン(iPad用)。とにかく軽くしました。

私のリュック…ガイドブック(1冊に絞り込みました)、飛行機の足元に置く空気を入れて使うクッション2個、ネックピロー、3人分のはおりもの、薬類、ポケットWi-Fi、水、パソコン、iPad2台、手帳など。

私の小さなカバン…パスポート、財布、海外旅行保険の書類、ビデオカメラ


飛行機は前方席が取れたので窓側から3人並びで。

初めてのキャセイパシフィック航空。機材も新しく、タッチパネルの画面では日本語表記もあって助かりました。


たくさんの映画やゲームがあって、子どもたちもテンション上がりまくり。

でも結局ほとんどの時間は持参したiPadの映画を見てました。(うちではiPadは新幹線や飛行機など特別な移動の時のみ使用するルールなので、子どもたちにとって、今回iPadを思う存分見ることができるので嬉しくて仕方がなかった様子。)

関空発の路線なので日本人CAさんも3人ほどいらっしゃって、いざという時は日本語で質問ができるという安心感がありました。


前の人が席をMAX倒すとかなり狭くなります。目の前の画面がすぐ近くに…。涙

画面のすぐ下がポケット状の物置きになっていて、携帯をここに置いたり、入国書類を書くときにパスポートやチケットをここにひとまず置いたりと、とっても便利でした!


お待ちかねの機内食!

オムレツかライスヌードルという選択肢だったのでライスヌードルを。


これがまたとっても香港チックな味付けで、子どもたちには馴染みのない味だったので2人とも完食できずでした。本格的な中国料理の味。独特ですよね。私は完食!美味しかったです。

デザートはメロンとスイカ。甘くて美味。あとヨーグルト。

そんなこんなで、わりとあっという間に香港に到着!

飛行機も全く揺れず、本当に平和なフライトでした。

私は飛行機恐怖症なので薬持参で行きましたが、使う必要が全くなくて本当にホッとしました。

さて次は香港空港でのトランジット!まだまだ出発当日編は続きます。

(続く)

<次の記事>
2人の子どもとフィリピン・セブ島に親子留学してみた【出発当日編2・香港→セブ】

<前の記事>
2人の子どもとフィリピン・セブ島に親子留学してみた【準備編1】

 


『』の最新記事