おつかれさまです!|選んでほしいおいしい野菜のことvol.2

カテゴリー:Column, 選んでほしいおいしい野菜のこと, 
2014.12.15

コラム「“笑顔が見たいから” お母さんに選んでほしいおいしい野菜のこと」を担当しております、「土のめぐみ」の土田賢一です。

今日は、「生産者とお客さまをつなぐ感謝の言葉」についてお話します。

 

「土のめぐみの無農薬野菜の産地だから」という理由からなのですが、生まれも育ちもずっと大阪人の自分が、最近は熊本にいる時間のほうが長くなりました。

目の前でずっとその姿を見てるから、いかに本気で頑張っていらっしゃるかが心の底から手に取るようにわかるんです。
そう、熊本の産地の生産者のこと。

 

いや、もちろんそれがすべて苦痛や苦労ばかりだと言ってるわけじゃないんですけどね。
でも生産者の仕事って言うのは、なかなか自分の思うように動けないし、思っていた時間が都合よく取れないのが本当のところでしょうね。
雨が降り続くと畑には出れなくなるし、だから逆に晴れたら晴れたで真っ先に畑に出ていかなきゃいけないし。
天候や季節は決して都合のいいように待っていてはくれないし、自分たちのスケジュールで融通が利くわけなどないし、当然 大自然を左右することなどできるわけもないし。

 

だからなおさら、自然を敬うんでしょうね。
だからなおさら、育む命を尊ぶんでしょうね。

画像 041

 

火の国熊本といえども標高が高いこの産地にはとんでもない寒さと雪が毎年この時期にはやってきます。呼んでもいないのに。
想像以上に降り積もった雪が畑にも野菜にも被害をもたらすことが何度もありました。

 

朝一番に生産者から電話が入って「ひざ上まで積もってる。収穫とか出荷どころか、歩けん」と。
目の前に広がる畑は、いや、畑なのかなんなのかわからなくなった真っ白な世界を「キレイだ…」と一瞬思ってしまうのですが、でもやっぱりケガ人や家屋などが心配になって急いで長靴を履いて畑までダッシュする朝も何度かあります。

 

収穫ができなきゃ出荷もできない。どころか車が走れない。運送便もストップしている。
なので、すぐにお野菜をご注文をいただいているお客さまにその旨のお断りとお詫びのご連絡をするんです。
そんなとき、続々とお客さまからこんなお言葉が返ってきます。

 

「おつかれさまです。お野菜は急ぎませんので天候が落ち着いてからで大丈夫ですよ」
「農家さん大変ですね。店長も皆さんもケガや病気に気をつけてくださいね」
「お天気しだいってとこが、また産地へのありがたみを感じさせてくれ、野菜を大切にいただくことにつながると思います。農家のかたへ無理をなさらないようお伝えください」

 

本当にうれしいしありがたくて、感謝しながらずっと頭を下げてます。ひとりで。

 

だから、
雨の日には雨粒を、晴れの日にはおひさまを、風の日には流れる雲を、雪の日には土を守るチカラを、すべてに感謝して、すべてと対峙して、頑張って頑張って頑張って頑張って…
…頑張っている生産者を労う言葉を、今日もしっかりと言います。。

 

「おつかれさまです!」

 

画像 751

 

この先きっと、すごく楽しくて うれしくて おもしろい未来にさせますから。
絶対に、その頑張りに報いることができるような新しい世界を作りますから。
あぁ、本当に農家をやっててよかった、と本音で言える日を見せますから。

 

だから一緒に、みんなで笑いながらいきましょ。
「おつかれさま」って言い合いながら。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

株式会社土のめぐみ

代表取締役 土田賢一

◆HP

http://a-nen.net/tsuchinomegumi.html

◆ブログ

http://ameblo.jp/anen/

◆Facebookページ

https://www.facebook.com/anen.biz

◆私がゲスト出演したスマイルママラジオ

http://smilemama.jp/?page_id=469

 


『選んでほしいおいしい野菜のこと』の最新記事