【一時保育付】第5回子育て防災college『生き抜くためのサバイバル講座』講師:国際災害レスキューナース 辻直美先生|2018年1月14日(日)開催!いざという時に家族を守るための防災を学びましょう!

カテゴリー:Event, スマイルママ防災部, 準備中, 
2017.12.05

こんにちは!スマイルママ代表の釜井です。

2016年より子育て防災プロジェクトさんと一緒に企画・運営している家族を守る防災を学ぶ「子育て防災college」の今年度の開催が決定しました!
「子育て防災college」とは

第5回目となる子育て防災collge。講師は、2017年1月にも講座を担当していただいた国際災害レスキューナースの辻直美先生です。


様々な災害現場の第一線で活動されてきた辻先生のリアルな現場の声は、とても貴重でめったに聞くことができません。

私たちがニュースなどのメディアを通して、目にしたり耳にしたりするのはごく一部の情報です。

本当の現場を経験してきた辻先生だからこその情報や経験、そして私たちが子どもや家族を守るために必要な覚悟を講座を通して厳しく伝えてくださいます。

目を覆いたくなるような厳しい現場の状況のお話や写真も出てくるかと思いますが、この講座を通して先生が伝えたい「生き抜くためのサバイバル術」をしっかりと学びたいと思う方にぜひ参加していただけたらと思います。


そして今回は、今、私たちが特に気になる北朝鮮のミサイルのことについてもお話しいただきます。

Jアラートが鳴った時、家族を守るために何をすべきか。いざという時に備えて、日頃私たちがすべきことは何か。子どもたちに伝えておくべきことは何か。考えたことはありますか?

ミサイル攻撃も、地震などの災害も、「きっと大丈夫だろう」「誰かが守ってくれるだろう」「自分は助かるだろう」と他人事になっていませんか?

助かるために、そして生き抜くために大切なことをぜひ学びにきてください。

辻先生の講座は毎回内容がアップデートされていますので、前回の講座を受講された方にもご参加いただき、ブラッシュアップと新しい情報のインプットをしていただけたらと思います。

前回の辻直美先生の講座の開催レポはこちら。


—————————-

第5回子育て防災college
『生き抜くためのサバイバル講座』
—————————-
◆開催日時 
2018年1月14日(日)
13:50-16:20(13:30開場)
※2時間半の講演中は休憩がありません。

◆講師・内容

国際災害レスキューナース
育母道師範
社団法人育母塾 理事長
社団法人 防災レボ 理事長
辻 直美氏
「生き抜くためのサバイバル講座」
地震・災害が起こった時、どうすればいいか、考えたことがありますか? ベビーがいる状況で、どう動けるのか、動くのか、考えたことがありますか?
その防災グッズ、本当にいるの?それを持って走れますか? 避難所に行くことが本当に安全なの?
などなど、数々の厳しい現場に派遣されてきた災害レスキューナースの立場から自分で助かる為の知識とスキルを伝授する、目からうろこの講座です。

辻 直美氏 プロフィール
看護師として吹田市民病院(整形外科、内科、産婦人科、救急)に勤務。
大阪府より任命され、上海での医療提供活動、聖路加国際病院救命救急センターを経て、国際救命救急災害レスキューナースとしても活動中
2004年自身の育児をきっかけにスリングと出会う
2004年NPO法人はぐandはぐを設立
2009年Sling life アドバイザー協会設立。代表を務める
2012年スキンコミュニケーション、スキンアタッチメントという学問を確立
白鵬看護大学助産師科・看護科、城南短期大学保育科、相愛大学保育科にて講義を受け持つ
済生会中津病院看護科では創立60周年記念講演として「災害レスキューナースの立場からの国際支援」を行う
2014年より育母道をたちあげ、師範として活動
2015年より大阪市消防本部が発行する「大阪消防」に「レスキューナースからのメッセージ」コラムを執筆中
そこから全国の消防局と連携を結び、各地から講演会を依頼され開催している
2016年2月おしゃれイズムに出演
2016年10月社団法人 育母塾設立 理事長に就任
2016年10月講談社より「どんなに泣いている子でも 3秒で泣き止み3分で寝るまぁるい抱っこ」出版
2017年10月太陽工業株式会社の防災スペシャルアドバイザーを任命され、防災商品の開発だけではなく防災知識の啓蒙活動において独自の講座を開催中
現在は月に4000人以上、年間600本以上の講演を行う



◆場所
ドーンセンター 1F パフォーマンススペース
大阪市中央区大手前1丁目3番49号
京阪・地下鉄谷町線「天満橋」駅より徒歩約5分

◆定員
70名

◆受講料
6,000円(大人1名につき)
※事前銀行振込
※当日券の販売はありません

◆参加申し込み方法
2017年11月29日(水)
AM11:00より受付スタート
下記お申込みサイトより申込みください。
一時保育希望の方は、講座参加申込みと同時にお申込みください。
http://shop.smilemama.jp/?mode=cate&cbid=1464407&csid=0

=====必ずお読みください=====
◆お子様の同伴について
・1歳未満、小学生以上…同伴可能・小学生無料・中学生以上は大人と同額の参加料が発生します。
1歳~未就学児…同伴不可・一時保育あり・有料
この講座は、ママやパパに落ち着いてじっくりと学んでいただくことを目的としています。そのため、1歳~未就学児のお子様のための託児サービスをご用意しておりますのでぜひご利用ください。
=========================

◆一時保育について
・定員:30人程度(先着順)
・1,000円(税込)/1人
・生後6ヵ月から預かり可能
講座参加お申込みページより、一時保育をお申込みください。
・一時保育担当:関西こども文化協会(ドーンセンター保育サポート制度利用)
・受付締切日時:2018年1月3日(水)15:00まで
※上記日時より前に定員に達した場合は、その時点で受付を締め切ります。

◆持ち物
・筆記用具
・新聞紙(朝刊1部)

◆会場について
机はなく椅子席となりますので、メモを取りやすいよう必要な方はバインダーなどをお持ちください。

◆お申込みに関する注意事項
お友達同士でご参加の場合は、別々にお申込み下さい。
お友達の代わりにお申し込み手続きをして頂くことは可能ですが、その際は必ずご参加頂くお友達のお名前・住所等をご入力頂きますようお願いいたします。
席数は大人の人数を選択してください
1度のお申し込みで最大3席確保できます。「パパ&ママ」、「ママ&おばぁちゃん」等でお申込みされる場合はどちらかのお名前でお申込み下さい。お子さん(1歳未満、小学生~中学生まで同伴可能)を同伴される場合も、席数は大人の人数を選択してください。
小学生以上のお子さんを講座に同伴する場合
お申し込み時、同伴されるお子様(1歳未満、小学生~中学生まで)のお名前と生年月日を必ずご入力ください。大人のみ参加される場合は「なし」とご入力ください。
1歳未満のお子さんを講座に同伴する場合
ベビーカーのまま席についていただくことができます。講演会場と同じフロアにおむつ替え・授乳スペースがありますのでご利用ください。赤ちゃん用の椅子、ベッドのご用意はございませんのであらかじめご了承ください。

◆キャンセルポリシー
・2日前までのキャンセルは、振込手数料を差し引いた金額を銀行振込にて返金します。
・前日、当日のキャンセルは、いかなる場合も返金致しかねますので予めご了承ください。

◆講座中止時の対応
講座当日、台風や大雨などの天災が発生した際、及びそれによる交通機関等の状況によっては、開始時間の変更や講座を中止せざるを得ないことも想定されます。講座開催について変更がある場合のみ、随時このページにてご案内させていただきます。
天災により講座中止が決定した場合、振込手数料を差し引いた金額を銀行振込にて返金させて頂きます。

◆大切なお知らせ
・お申し込み後すぐに、event@smilemama.jpより自動返信メールが届きます。このアドレスからのメールを受信できるよう、予め設定の上お申し込みください。
・携帯メールアドレスに自動返信メールが届かない場合が多く報告されています。そのため、パソコンメールアドレスをお持ちの方は、なるべくパソコンメールアドレスをご入力いただきますようお願いいたします。
・自動返信メールが届かない場合は、迷惑フォルダ等をご確認ください。もし申し込み後3日経っても自動返信メールが届かない場合は、大変お手数ですが事務局event@smilemama.jpまでご連絡ください。
・この講座は休憩を挟まずに2時間通して行いますことを予めご了承ください。

◆子育て防災collegeに関するお問い合わせ
event@smilemama.jp

===========================
◆企画・運営
子育て防災プロジェクトスマイルママ防災部

◆商品協賛
アルファフーズ株式会社

◆共催
ドーン運営共同体(ドーンセンター指定管理者)


『スマイルママ防災部』の最新記事