たくさんの人に知ってほしい!『マタニティを応援するマーク』|釜ちゃんの日記vol.34

カテゴリー:スタッフブログ, スマイルママ代表・釜ちゃんの日記, 
2017.04.19

こんにちは!スマイルママ代表・釜ちゃんです。

突然ですが、みなさんはマタニティマークをご存知ですよね。

私は第二子を妊娠する直前に社会復帰をし働き始めたので、つわりで超超超グロッキーな時の電車通勤はとてもきつかったです。

マタニティマークをカバンにつけていたので、産休に入るまでの間に2、3回ほど電車で席を譲っていただいたことがありました。ありがたかったー!

妊娠していない今、街の中でマタニティマークをつけた妊婦さんを見ると心の中で「頑張れー!」って思いますし、「困った時はなんでも言ってね、頼ってね!」という気持ちでいます。

でもその思いを発信するすべがない。いきなり話しかけるのも変ですしね。警戒されちゃうよね。

妊婦時代を経験した女性だからこその、妊婦さんへのエールというか応援の気持ちをどうにか表現する方法がないのかなぁと思っていたところ、とっても素敵なプロジェクトを見つけました。


妊婦さんを応援する人がつける、マタニティ応援マーク!!!

「I support you」という文字とともに、男性がマタニティマークを優しく包み込んでいます。

なんじゃこらー!

画期的すぎるやろー!!!

このマタニティ応援マークを考えた人は、東京の市橋ナオヒサさん。

なんとパパさんなんです。ママじゃなくてパパが考えたなんて!これにもびっくり!

このマークを普及させるために現在クラウドファンディングの挑戦をされています。

市橋さんの想いをサイトより一部抜粋してご紹介させていただきます。

=======================
「妊婦や子育てをポジティブに応援している人間は周りに多くいる!」ということを現実社会で可視化させたい。

そのために、このストラップを日本の社会に普及させたい。

妊婦が『マタニティを応援するストラップ』を付けている人に囲まれていたら…

少しだけかもしれませんが、彼女たちが安心したり、子どもを産むことが社会に歓迎されている、と感じたりしてくれるような気がします。


「妊婦を見守っている人もマークを付けたほうが良いのでは?」と思っていました。「そんなマークがあったらな」と。


「そのうち誰かが作るだろう」と思っていましたが、何年経っても世に出てこない…。

そこで、「誰も作らないなら自分で作ってしまおう」と思い立ち、自らデザインし、地元の企業に依頼して、ストラップ1000個を作成しました。(もちろん厚生労働省にマタニティマークの使用許可申請をしています)

この1000個は、友人・知人や行政・企業・団体等に対する普及アプローチ等に活用しましたが、周りの反響がけっこう好評だったため、本格的な普及に向けて動き出した次第です。


このストラップのターゲットは、妊婦以外の方々です。

とりわけ、コアターゲットは、『プレパパ(これからパパになる人)』『イクメン』『イクボス』です。

そこで、行政等が実施している『両親学級』等でのプレパパへの無料配付を行ないたいと思います。

これをトリガーに、普及を進めたいと考えています。

話題性や普及が広がることで、行政や企業・団体等の予算化による自主的な無料配付を期待しています。

最終的には、行政や鉄道会社等が無料配付している「マタニティマーク」とセットでの無料配付を定着させたい。

両親学級や妊婦向けのイベント等を開催している行政・団体等の選定については、本プロジェクトを通じて募集・呼びかけを行ないます。(すでに、都内の区役所からのご要望があり、両親学級などでの配付に向けて進めています)

サイトより一部抜粋
=======================

私はこのプロジェクトを知った時、とってもワクワクしました。

なんて素敵なんだろう!!!!!って。

すごいことを考えてそれを形にする人がいるんだなー!スッゲー!!!まじかっけー!!!と。

話は少しそれますが、先日韓国に家族旅行をした時、3歳の娘と7歳の息子を連れていた私たち夫婦に、本当にたくさんのおじちゃん、おばちゃんが話しかけてくれました。

詳しくは割愛しますが(詳細は前回の釜ちゃんの日記の後半参照!)、子連れでも肩身の狭い思いを一つもすることがなかったどころか、たくさんの人があたたかい眼差しで子どもたちを見てくれて、話しかけてくれて、気にかけてくれて、応援してくれました。たった2泊3日の旅行だったのに!

日本もこんな風になったら素敵だろうな…と旅行中も帰国してからもずっと思っていました。

そんな時に出会ったこのプロジェクト。(すごい完璧なタイミング!)

子どもが生まれてからはもちろんのこと、その前段階である妊婦さんの時期から、「社会全体が応援しているよ!」という空気感を感じられたらどんなに心強いだろうなと思うんです。

とりわけ初めての妊娠って、いろんな不安や妄想が膨らむもんです。

妊婦さんや小さなお子さんを持つママ・パパに「頑張って!」「何か困ったことがあったらできる限り力になるからいつでも言ってね」という想いの人はきっと多いはず。


I support you
私はあなたを応援していますよ!手助けするよ!いつでも言ってね。

という思いを表すためのマークでありストラップ。

パパだけじゃなくて、私のような女性でもこれをつけて応援できたらいいなと思っています。

でも私がこれをつけてたら、妊婦さんって間違われちゃうかな。

このマークの認知度が上がらないと、「女性がこれをつけている=妊婦」って思われちゃうかも?!

どんどんこのマークの認知度が高まって、私のような元妊婦さんも現妊婦さんを応援する気持ちを積極的に表せたらと思います。


 

私はこのプロジェクトを応援しています!

みなさんもよかったらぜひ、クラウドファンディングのサイトを訪れて市橋さんの想いをじっくり読んでみてください。

3000円から支援することが可能です。ぜひ!

市橋さん、大阪から応援しています!頑張ってください!!!

▼妊婦に優しい社会を!『マタニティを応援するマーク』ストラップを普及させる!!!
https://camp-fire.jp/projects/view/21135

▼「マタニティを応援するマーク」メディア掲載
・東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201612/CK2016121702000241.html
・yahooニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/osakabesayaka/20170307-00068260/

————————
釜ちゃんの日記はほぼ月曜日更新!
釜ちゃんってこんな人
Facebookお友達申請大歓迎
インスタもやってます!
▼LINE@はじめました
イベントの先行案内をお届けします!
友だち追加
————————


『スマイルママ代表・釜ちゃんの日記』の最新記事